TOPICS

不動産豆知識クイズ

問題です。

■「床の間」は、江戸時代よりも前の室町時代からあった。

YES            OR            NO

※下にスクロールしていくと解答があります。

正解:YES

《解説》
「床の間」が登場するのは室町時代になってから。最初は貴族や武家の家にしかなく、庶民の家にも造られるようになったのは江戸時代からです

最近では床の間を取る家庭は少なくなりましたが

昔は、床の間にお花を飾ったり かけじくを掛けたりと

生活の中に芸術的な要素を組み込んでいたそうです。

現在のお家の間取りは、便利で合理的な考え方をベースに

作られる事が多いですが、生活空間に少し

アートの部分を入れると、より豊かな気持ちで

生活を送れるかもしれないですね。